山と道具。登山についてあれこれ書いてます。

登山の知識や、今までに使用した登山用品やギアなどの使用感やレビューなどなど

20210201230354.gif 20210201230349.gif 20210201230345.gif= 20210201230337.gif 20210201230333.gif

フォトブックを作ったら思い出を2倍楽しめた話

スマホやデジカメで撮った写真をどうしてますか?登山の写真貯まってませんか?

子供の成長や、登山の写真を振り返るにはフォトブックがベストです。

 

今までスマホの中などに保存しっぱなしの方や、データで保管していた方に

是非オススメしたい、フォトブック。

 

フォトブックを作ると思い出が何倍も楽しめます。

 

 

フォトブックを作ったら思い出が2倍楽しめた

山の中での一枚を表紙に。フォトブックのセンスは私(笑)

1.フォトブックを手に取って懐かしむ。

フォトブックが配達されてまず中を確認すると思います。

すでに楽しいし懐かしいです。

スマホのデータを送りあって共有する楽しさもありますが、

手に取ると思い話に花が咲きます

 

2.両親へのプレゼントで喜ばれる。

一番やって欲しいことが、節目以外でも両親にプレゼントしてください。

めちゃくちゃ喜ばれます。特に孫のフォトブックなんかを送ると、

おつりがくるくらいに喜ばれます(笑)

3.写真を選ぶときも振り返って楽しい。

フォトブックを作成するときにデータをアップロードするのですが、

選ぶ時も楽しいです。

一人ではなく家族で写真を選んでると、懐かしくて楽しいです。

あの時こけたなぁとか思い出しながら選んだりしてます。

写真を選んでる時も楽しいです。

4.飾って良し、振り返って良し。

玄関やテレビ、棚など空きスペースに飾ってもおしゃれです。

 

手に届くところに置くと振り返る頻度多くなり、

スマホよりも身近に思い出を置いてけます。

私は週1回ほど手に取って眺めてます。

テレビや棚に飾り、ふとした時に振り返ることも

5.不意に紛失しない。

当たり前ですが、実際の本なので、故意に捨てたりしなければ無くなりません。

スマホのデータなどは故障や誤操作などで不意に無くなってしまいます。

 

私はスマホが水没、本体のデータを泣く泣く諦めました。

(SDカードに保存した分は大丈夫でしたが・・・)

実際の本なので、故意に捨てなければ無くなりません。

おすすめフォトブック作成サイト

印刷するために外出て写真を選んで注文・・・って意外と疲れます。

子供が小さいとなおさらです。

下記サイトはインターネットで写真を選び、注文から配達まで一貫で行う便利なサイトです。

 

しまうまプリント

ネットでは一番メジャーなしまうまプリント。

テレビCMでもたまに流れています。

 

A5スクエアサイズで、298円~と1冊あたりの金額がとても安価なのが魅力的。

お試しで1冊作ってみるのもいいかもしれません

しまうまプリントはこちら

 

しまうまプリント 作成画面

写真を選ぶだけなのでとても簡単。

AIprint

しまうまプリントよりも少しこだわれます。

サイトが軽く使いやすいです。

背表紙や写真にタイトルを入れたり、そのときの出来事を入れたり

 

12ページ(写真11枚)で980円~+送料275円

AIprint 作成画面 文字入れも簡単

スマホ・パソコンからカンタン注文フォトブック【アイプリ】

パーフェクトフォト

こだわりたい人向け。

でも難しくなく、結婚用や旅行用テンプレートがあります。

ハードカバーの指定など記念に残したい人向け。

スクエア20×20、16ページで4,800円と少し高めです。

さいごに

写真はデータだと便利です。送信も簡単で、かさばりません。

でも手に取って楽しめる良さも写真やフォトブックにはあります。

思い出を形に残して、振り返るのもたまには良いかなと思ったりします。

 

過去の記事です。

2020年購入した山道具、登山ウェアを計算したら軽く10万円超えていた件

登山を始めてハマってしまった30代男の1年間で購入した登山道具・ウェアとその総額を書いていきます。

登山始めると10万円は掛かるというのは本当だった。

 

登山道具は沼などと呼ばれることがありますが、まさに

これでも最低限しか揃えていないつもりです。

登山を始める方は気を付けてください。

 

2020年に購入した山道具

2020年に購入した山道具

ザック モンベル チャチャパック35

18,300円

バックパック  ケシュア NH100 20Lザック

1,290円

登山靴 コロンビア メテオミッド2 オムニテック

 

10,620円

レインウェア  モンベル トレントフライヤージャケット

16,800円

 

ドライレイヤー  ミレー ドライナメッシュショートスリーブ

 

5,830円

ベースレイヤー  モンベル  ジオライン ラウンドネック

 

4,730円

Tシャツ サロモン  速乾ロングTシャツ

 

2,000円

パンツ  ワークマン エアロクライミングパンツ

1,900円

パンツ  パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズパンツ

12,100円

ストック  VOXPOT トレッキングポール

1,799円

サコッシュ モンベル U.LMONOポーチ

 

1,600円

靴下  ワークマン メリノウールソックス

780円

靴下  スポーツオーソリティ  トレッキングソックス

2,400円

クッカー ノーブランド アルミクッカー

1,900円

バーナー  中華製バーナー

 

2,200円

ケトル モンベル 0.6Lアルパインケトル

 

1,800円

テント ネイチャーハイク cloud up 2

 

14,850円

続きを読む

登山始めます。YAMAP派?ヤマレコ派?結局どっちが良いの?

登山GPSアプリを使ってみたいけど、YAMAP?ヤマレコ?どっち使えば良い?という方にどちらも使ってみたので紹介します。

どっちをインストールしていいのか分からないという、初心者へおすすめの登山GPSアプリはこちら。

初心者であれば是非使っていただきたいアプリです。

好みはあると思いますが、私はYAMAPを使っています。

YAMAPを使う理由は、ユーザー数とユーザー同士の交流がしやすく、情報交換がしやすい環境になっていること。

私が福岡県在住のため、福岡県に所在地を置くYAMAPの応援もあります。

YAMAPとヤマレコの登録者数

登山GPSアプリといえど、やはりモチベーションの要となるユーザ数です。

記録した山行日記などを他ユーザーに見てもらえると、次回も山に登った経験などを日記にして共有しようという気持ち、モチベーションアップになります。

ユーザー数というのは楽しさ、面白さに直結すると考えています。

 

ヤマレコ、YAMAPの利用者、ユーザーの数は、下記のとおり。

 

ヤマレコ

(2021年2月時)

YAMAP

(2020年9月時)

登録者数 約54万人 約200万人
活動記録数 約250万件 約54万件

近況では登録者数の増加の勢いを増すYAMAP。

ちなみに国内の登山者は680万人といわれおり、その3割(4人に1人)YAMAPを利用しているということになっています。

 

使い勝手の良さ

YAMAPとヤマレコ両方を利用してみたのですが、使い勝手の良さという面でいえば、ヤマレコに分があるかと思います。

次に上る山が明確に決まっていた際、山の情報を得たい場合は、ヤマレコのページの方が一目瞭然で情報が網羅されているように感じます。

写真を撮った際、直後にコメントを入れることができるのは意外と便利かも。

無料ユーザーは広告が多いのが目につきますが・・・

YAMAPの使いやすさとしては、ユーザー数の多さからか、ユーザー同士の交流がとても活発だと感じました。

地図の使いやすさは好みが思いますので、過去に地図比較の記事がありますので、こちらも是非読んでほしいです。

【登山GPSアプリ】YAMAPユーザー震撼 ヤマレコとは?

[blogcard url="http://yamaitem.site/?p=8"]

無料機能と有料機能

この記事を書いている2月は、YAMAPは無料機能の改変が3月1日に行われる予定で、アプリの評価も人それぞれと物議を醸しているところです。

それぞれ有料と無料でできる機能について見てきます。

 

YAMAPプレミアム

  YAMAPプレミアム 無料会員
登山地図のダウンロード数 無制限 月間2枚まで
地図の保存枚数 50枚 2枚まで
みまもりLINE機能 ×
他の登山者の軌跡DL ×
ルート外れ警告 ×
歩行ペース表示 ×
投稿写真枚数(日記1件毎) 無制限 50枚まで
登山記録 3D動画 ×
登山データ蓄積 無制限 直近1年間のみ
利用料金 3,480円/年      480円/月 無料

3月1日から無料会員の登山地図の月間DL数が2枚までという制限が加わることで、無料ユーザーの間で物議を醸しているところ。

毎週いろいろな山に登るユーザーはプレミアムのアップグレードは必須となりそう。

プレミアムへのアップデート

月に一件地図作成のリクエストを運営に希望や、

YAMAPオンラインストアでの買い物が全品送料無料となるサービスもある。

 

ヤマレコプレミアムプラン

  ヤマレコ プレミアムプラン

スタンダードプラン

登山地図のダウンロード数 無制限 無制限
地図の保存枚数 無制限 2枚まで
みまもり機能(いまココ)
ルート外れ警告
総保存容量 20GB 1GB
写真の投稿容量 無制限 月/100MB
登山であったかも?機能 直近1件の記録
山コンシェル お試し1件のみ
広告非表示可 ×
記録のメルマガ紹介 ×
非公開にできる記録件数 100件 10件
Apple Watchの地図DL 無制限 1地図まで
利用料金

3,400円/年(20GB)           550円/月

無料

YAMAPとは違い無料会員でも登山地図に関してはダウンロード制限は無い。

ルート外れ警告はこちらでは無料機能でも使用可能です。

料金はデータ容量毎に料金プランが設定されており、100GBで10,500円/年、

300GBで21,000円/年となる。

 

初心者にはうれしい「山コンシェル」という、一度登った記録から、オススメの記録を選定してくれる機能は有料のみとなっている。

サーバー運営の問題か、高容量の場合は利用料金がヤマップよりも高く設定されている。             

おわりに

YAMAPとヤマレコと登山GPSアプリとして申し分無い機能で、登山者の大きなツールとなっています。

今までの山行記録などを残しておきたいヘビーユーザーはそのまま継続すると思いますが、

YAMAP無料会員のライトユーザーに関してはユーザーの流動があるかもしれないと思いました。

3月1日以降のユーザー数の動向も追っていきたいと思います。

過去にYAMAPについて記事にしてます。

[blogcard url="http://yamaitem.site/?p=18"]

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山初心者必見、登山に持っていくもの。登山装備の三種の神器とは。

登山をはじめてみたい方に、是非読んでもらいたい、登山の持ち物と、初めて登る山と登山における三種の神器について。

この記事は登山を始めてみたい方や、登山を始めて間もない方へ、快適な登山、安全な登山にしてもらいたいという思いで筆を取った次第です。

登山の持ち物

登山を始めた際に良く聞く三種の神器とは。

登山における三種の神器とは

リュックサック(ザック)

登山で欠かせない道具で、必要な荷物を運ぶ際に必ず必要なものです。

初心者のばあい15~ 20L くらいのリュックサックがあると良いと思います。

あまりに大き過ぎるとその分重量もかさむので、荷物は必要な分だけ持っていくと良いです。

登山靴

底の暑いトレッキングシューズで、足首まで固定できるものが良いでしょう。

好みによりますが、ローカット、ミドルカットのものがオススメです。

レインウェア

山の天気は変わりやすく、急に雨が降ったりだとか、頂上での防風の用途で使用したりします。

ハードウェアと呼ばれることもあります。

 

はじめての登山で必要なもの。

はじめての登山に三種の神器は必ずしも必要かと言えば、必要でない場合もあります。もちろんあって困るものではありませんが…。

じゃあ何持っていけばいいの?

という方は下記にて。

[caption id="attachment_241" align="alignnone" width="300"] 楽しく安全な登山にするために。[/caption]

リュックサックは必要不可欠

三種の神器の中でもまず間違いなく必要なので、なんでも良いので背中に背負えるリュックサック、ザックは持っていきましょう。

後述のタオルや、飲み物を入れておける20Lくらいのサイズが良いかと思います。

歩きやすい靴

ぶっちゃけスニーカーでもなんでも良いです。
登山を始める前に適切な登山靴を選ぶのは至難の技です。
最初はなるべく、メジャーな山、人気の山に登りましょう。登山者が多いと、登山道が舗装されていたり、踏み固められていて、

登山靴でなくても歩きやすい道になっていることが多いです。

飲料水

片道1時間程度の登山、トレッキングであれば、500mLのペットボトルを2本ほどあると良いと思います。

普段飲む量よりも多めに持っていきましょう。

お弁当、食料

必要に応じてお弁当など食べるものを持っていくと思いますが、お菓子でもいいので何か持っていった方が良いです。

栄養補給や、緊急時の非常食となります。

動きやすい服と上着、羽織るもの

動きやすい服で行きましょう。欲を言えばポリエステル生地のものが良いです。

また、山頂は風が強く、寒くなります。

せっかく登ったのに寒くて即下山、となると勿体ないです。山頂を堪能するためにも上着があると良いですね。

タオル・着替え

登山は全身運動なので汗を掻きます。

汗は早めに拭き取って、体をドライに保つように心掛けましょう。

最初のうちはペース配分など分からなくて、汗だくになったりします。

なので着替えを持って行くこともオススメです。

これから登山を始める方へ

登山を楽しむためにも、準備万端で最大限に楽しみましょう。

近年アウトドアが人気となり、今までより登山に関心を持つ方が増えたように感じます。

せっかく登山を始めるのであれば、失敗することなく楽しかったと思える登山にしてもらいたいです。

しかし知識ばかり得て、登山は難しいと思ってほしくないので、

過去に記事を書いたのでこちらも見ていただけると嬉しいです。

[blogcard url="https://yamaitem.site/?p=21"]

また新型コロナウイルス感染対策という観点から、山岳団体より、ガイドラインも発表されておりますので一読をオススメします。

[blogcard url="https://yamaitem.site/?p=7"]